桜のおとぎ話(ヨハンナ・ヘグヴェグ)
A cherry blossom fairytale by Johanna Högväg

一昨年のイベントで家族とともに初めて東京を訪れたヨハンナ。人の多さや高層ビルなどに刺激を受けました。そんな中でも、街中のありふれた風景に目を留めました。ある晴れた日曜日、お気に入りのお菓子をバスケットに詰めこんで自転車に乗って公園を訪れました。太陽が輝き、空は青く、穏やかな風が自転車で走りる私の耳をやさしくなでます。東京に咲く桜は、東京をまるでおとぎ話の世界のように見せます。桜の花の下のブランケットを敷くと、永遠にここにとどまりたいという気持ちになります。街中でたくさん見かける自転車と桜のコラージュが、ヨハンナの東京の印象です。

オリジナルデザイン
edosarasa_johannaH_design1.jpg
江戸更紗の生地
edosarasa_johannaH.jpg